ランニングしてすぐ脛の筋が張る…

近所にランニングコースになっている公園があり一週1.8km位あるので距離も測りやすくちょうど良いので時々ランニングしています。

でも、デスクワークを終えて夕方から走りに行くと、数回続けて脛の筋がすぐに張ってしまいつりそうになってしまい痛くて走れませんでした。息は上がっていないので呼吸は問題ないのに、2週で足パンパンでもう無理という感じです。

今まで、こんな経験ありません。
運動不足がたまたま続いたからなのか、それとも、歳のせいなのかなんて考えていたんですが、脛筋の突っ張り方が明らかに疲労物質の急激な蓄積。

そう感じました。
たぶん、急に走ったからイケナイという事なんだと思います。

という事でランニングしに行ってもろくに汗もかかず毎回消化不良で帰ってくるのが嫌なので、まずは、2週程の距離を早めのウォーキングを行ってから走ってみると、脛筋の突っ張りはありません。

走り始めて最初の時に若干危うさが有ったものの、そこがピークで後は大丈夫。
やっぱり、急に走ったのが原因のようです。

次に行ったときには、ウォーキングの距離を若干短くしてからランニングに切り替えてみたら、今回も大丈夫だったので、徐々に歩く距離を縮めて行こう作戦です。

という感じで何度か続けていると、1周半程度歩いてからのランニングなら脛筋の突っ張りもだいぶ無く走れるというか、やや突っ張ってきても走っている内に治るようになってきました。

ランニングの前に十分にウォーキングで体をほぐしてから走るのは、ただ単に筋肉の突っ張りが抑えられるだけではなく、走っている時もテンポ良く、足の辛さも抑えられるような気がしているので、結果オーライだった気がします。

できることなら長い距離を走り続けられるだけの体になりたいものですが、そうじゃなくても、ちゃんと歩く事で現状でのポテンシャルを引き出してくれる事になるんだなと実感し、歩く事の大切さを痛感しましたね。