スチームクリーナーが気になる

スポーツジムっていろんな人が出入りするし、みんな身体を動かして汗をかきに来ているので、どうしても汚れが気になってしまいます。
そんな風に思っていたら、殺菌が出来て汚れも落とせる方法としてスチームクリーナーが気になり始めました。

スチームクリーナーを選ぶ際は、連続使用時間を見るのが一番みたいです。

なぜなら、せっかく高温の蒸気で掃除ができても、蒸気を出せる時間が短ければ、水を小まめに補充しなければいけない関係上、結局は使い勝手が良くないということで、箪笥の肥やしになってしまうからです。

そこで、連続使用時間の観点から、おすすめのスチームクリーナーを調べてみたところ、スチームファーストsf-275とケルヒャーSC1040というのがヒットしました。どちらも、キャニスタータイプに分類される関係上、普通の掃除機と同じくらいの大きさがありますが、その代わり、連続使用時間は前者が45分、後者が30分とどちらも長いのだとか。

こうして連続使用時間だけ見ると、ケルヒャーSC1040よりもスチームファーストsf-275ということになりそうですが…他にも色々と比べる要素があります。例えば、重さ。スチームファーストだと本体が4.6キロもある一方、ケルヒャーだと3キロだそうです。

ただし、値段的にはスチームファーストが18000円程度、ケルヒャーが2万円程度であるため、前者の方が数千円安く済むみたいです。使いやすさを重視して軽さをとるなら、ケルヒャーということになりますが、連続使用時間や値段を重視すると、スチームファーストということになりますね。