辛くない程度でも確実に落ちる体重

通っているスポーツジムでは、月一で筋肉量や体脂肪、ミネラル量なども含めて、身体のサイズをすべて測ってくれる機械があり、努力の成果を確認するにはうってつけの方法ですが、特に辛かったり努力という感覚がそもそもありません。

ウォーキングとジョギングもするも、それらも、特に辛くなるほど走るわけではなく、辛くない程度にリズム運動を心がけています。その後に行う上半身のトレーニングは、腹筋が少し辛いですが、それも、そんなに過度な負荷ではありません。

でも、月一で測定すると、確実に体重が落ちていて、体脂肪も結構やり過ぎたという感じになっています。

特に辛くないトレーニングだけを定期的に行って、なぜ体重も体脂肪も落とす事が出来たのか。それは、やはり食生活の変化でしょう。

今まで朝昼晩と食べる生活から、空腹感が無い内は食べない。

食べる量もそこまで多くないというか、食べ過ぎると、それが結局疲れの原因になったり、集中力が下がるので押さえているだけなんですが、そんな食生活に合わせて、スポーツジムにも定期的に通う事で相乗的に減量できていたという感じです。

さすがに、体脂肪はもう少し有っても良いかなと思う位なのですが、よく言われるような、「体脂肪も落としすぎは良くない」という意味がいまいち理解出来ません。体脂肪が少なくても、身体は至って元気な上に、空腹感が出てもフラフラする事が有りません。

なぜフラフラするのかというと、あれも結局は、食事に頼りきったエネルギーの使い方をしているから、体内に蓄えられている体脂肪や筋肉を分解してエネルギーを取り出すという働きが弱っているのだと思います。

それが、空腹になれてくると、すぐに食事からエネルギーを作れないので、体内から取り出すしかありません。すると、食べなくてもエネルギーが生産できるのでフラフラする事も無いという事だと思います。

この状態がとても楽なんです。
ただそれだけだったりします。

それに対して、トレーニングで体重を増やす事を目的としている人は、体力アップの為にも筋力が必要と信じてやみませんが、そうしてトレーニングをすればするほど、すぐに空腹感に陥り楽な状態からかけ離れてしまいます。

スポーツ選手など、パフォーマンスを引き上げる為なら、それが必要でやっているのだと納得出来ますが、それを普通の人が徹底して行うと、おそらく、常に身体の疲れ、胃腸の疲れが現れているのではないかとも思ってしまいます。

実際、そうやってトレーニングをしていたという経験の話も関係しているのですが・・・。

今は、健康の為やトレーニングの為という事とはほぼ関係無く、身体が一番楽で、それでいて疲れないところを目指していたら、自ずと体重が落ち、筋肉も体脂肪も落ちましたが、まあ、以前のように疲れて眠くなる事も無くなりました。

そう考えると、体脂肪が少ないから良くないとか、筋肉が少ないから危険だとかいうのは、結局、平均を参考にする為の単なる指標にしか過ぎず、それでなければならないとか、最適な範囲ではないから危険と決めつけるのもナンセンスな気がしますよねぇ。

それに人の歴史は、何千万年もあるのに、栄養学なんてたかだか100年程度だと考えると、まだまだ、人の身体は分からない事だらけだし、科学のように数式で出れば、それがきっちりした答えというように安易に信じてしまうのもまた、ちょっと怖い気がしてしまいます。

それよりも大切なのは、やっぱり、自分の身体の調子が良い状態を理解しておくことなんではないでしょうか。

ジムでの入浴は水虫に要注意

通っているジムには、プールや入浴施設が完備されている位の規模なのですが、私は、今のところこれらを利用していません。その理由は、部屋から割と近い距離なので、帰ってそのままシャワーを済ませた方が手っ取り早いからです。

それ以外にも理由があるのですが、水虫などの感染症の類いを警戒しているのも若干有ります。

結構、ジムで感染するケースが多いらしいです。
水虫は、白癬菌という真菌による感染症ですが、スポーツジムなどで汗をかいた後は、代謝が良くなって皮膚もフヤフヤの状態なのではがれ落ちやすくなります。

この時に水虫菌がついている角質が足ふきマットなどに落ちて他の人に付着すると感染が起こるというのは、よく有るようです。
いくら健康状態に問題ない人でも、水虫は、感染しますので要注意。

しかも、悪化すると爪水虫となるケースもあるそうです。
ここまで行くと自然に治る事も少なくなり悪化するばかりらしいです。

そんな爪水虫治療には、薬を用いて改善しないといけないそうですが、日本で認可されている外用薬は、完治率が低いのだとか。

その点、爪水虫治療が可能な外用薬として海外で人気のクリアネイルなら、爪に塗って直接浸透させる働きもあるようなので、もしも、爪水虫になったら私はこれで対策しようと思っています。

何にしても、そこまでひどくなる前に気付く事が出来れば良いのですが、万が一を考えると、こうした薬は用意しておいて損は無いかなと思います。

共同生活は流行りもののリスクがつきまとう

ジムとは少し異なりますが、大学のサークルの学生寮も感染症などは危険なようです。

高校の頃に体育の担当の先生から聞いた話ですが、その先生が居た柔道部の学生寮で寮生の一人がいかがわしいお店に行き、カンジダを貰ってきてしまったそうですが、共同で生活していたその先生を含む寮生にどうやら移ってしまったとの事でした。

その位、細菌類は感染力が強いだけでなく、いわゆる日和見感染の一つであるカンジダ菌は、我々の体に常在している菌であり、普段は、悪さを起こす事が無くても増殖すると脅威となり、健康な人にも感染するという恐怖があります。

そんなカンジダ症は、女性ならカンジダ膣炎、男性なら亀頭包皮炎というのがよく起こるそうですが、どちらも、痛がゆくて掻きむしるのを我慢出来ない位になる事もあるそうです。

今のところ、そうした心配はほぼありませんが、こういう事ってどこでどうなるかわからないのが常なので気をつけるようにしたいところですね。

グルコサミンは効果がない!?

関節痛の改善のためによく推奨されるグルコサミンですが、ネットを調べてみると、効果がなかったという声も一定数見られます。そうした声を見ると、本当にグルコサミンで関節痛を改善できるのか気になってしまうものです。

そこで、本当にグルコサミンには効果があるのが調べてみました。

すると、確かにグルコサミンには、軟骨を修復して関節の摩擦を防ぐことで、関節痛を改善してくれるとありました。ただ、厳密に言うと、グルコサミンだけでは、上記の効果を得るには足りないとのことでした。

なぜなら、グルコサミンは、糖やアミノ酸が無ければ、その働きを期待できないからです。つまり、グルコサミンの材料である、糖やアミノ酸も、一緒に摂取すべきなんですね。
仮に、これをせずに、グルコサミンのサプリメントだけを飲んでいる人には、あまり関節痛の改善効果は得られないとのことでした。そうした誤った認識の人達が、ネットで効果が無かったと言っているんだと思います。

それにしても、グルコサミンにこんな特徴があるなんて知りませんでした。テレビや新聞の宣伝では、そんなこと一言も触れられていませんでしたから。なので、私もグルコサミンのサプリを服用する際は、それと同じくらい糖やアミノ酸にも気を付けてみます。

その辺を気をつけて探してみると、ドクターズチョイス グルコサミンには、身体の中で使われる状態となっているNアセチルグルコサミンを直接摂取できるだけでなく、グルコサミンも含まれているという事なので、二つを同時に摂取するには最適なサプリメントのように思えます。

スチームクリーナーが気になる

スポーツジムっていろんな人が出入りするし、みんな身体を動かして汗をかきに来ているので、どうしても汚れが気になってしまいます。
そんな風に思っていたら、殺菌が出来て汚れも落とせる方法としてスチームクリーナーが気になり始めました。

スチームクリーナーを選ぶ際は、連続使用時間を見るのが一番みたいです。

なぜなら、せっかく高温の蒸気で掃除ができても、蒸気を出せる時間が短ければ、水を小まめに補充しなければいけない関係上、結局は使い勝手が良くないということで、箪笥の肥やしになってしまうからです。

そこで、連続使用時間の観点から、おすすめのスチームクリーナーを調べてみたところ、スチームファーストsf-275とケルヒャーSC1040というのがヒットしました。どちらも、キャニスタータイプに分類される関係上、普通の掃除機と同じくらいの大きさがありますが、その代わり、連続使用時間は前者が45分、後者が30分とどちらも長いのだとか。

こうして連続使用時間だけ見ると、ケルヒャーSC1040よりもスチームファーストsf-275ということになりそうですが…他にも色々と比べる要素があります。例えば、重さ。スチームファーストだと本体が4.6キロもある一方、ケルヒャーだと3キロだそうです。

ただし、値段的にはスチームファーストが18000円程度、ケルヒャーが2万円程度であるため、前者の方が数千円安く済むみたいです。使いやすさを重視して軽さをとるなら、ケルヒャーということになりますが、連続使用時間や値段を重視すると、スチームファーストということになりますね。